2月 28, 2016 - 日々のこと    「富士山三保子」里帰り展 はコメントを受け付けていません。

「富士山三保子」里帰り展

昨日はグランシップで開催されている

「富士山三保子」里帰り展に行ってきました。

実物の「ふじやまみほこ」さんは身長83センチメートル

後の人間国宝となる「平田郷陽」さんの手によるもので

90年も昔に作られた人形とは思えない本当に美しい人形です。

IMG_7287_400

記念シンポジウムの基調講演の講師を甥が務めると言うので

腰痛が完治していない私ですがグランシップまでの道のり

階段がないのを確認して出かけてきました。

IMG_7329_800

米国から贈られた「青い目の人形」への答礼人形として米国へ送られた

「ふじやまみほこ」さんは今はカンザスシティ博物館に

「ミス静岡」と呼ばれ大切に保管されています。

IMG_7276_400

静岡県内には昭和2年、253体の青い目の人形が配られました。

現在県内では6体の青い目の人形が確認されています。

シンポジュウムでは浜岡北小学校の「マーベルワレンちゃん」は

焼かれたりすることなく用務員さんによって

ヤギ小屋にかくまわれ戦後発見されたという

興味深いエピソードも校長先生から聞くことができました。

IMG_7282_400 IMG_7284_400

「富士山三保子」さんは里帰りが終わってカンザスシティに

帰るとき皆さんの基金によってつくることが出来た

富士山と三保の松原の絵柄の京友禅の振袖に着替えて

帰るそうです。

IMG_7288_400

4月からお人形たちは「青い目の人形」の確認された

5か所の市町を巡回します。

IMG_7326_400

富士市では富士川町第一幼稚園で確認され今は

富士市立博物館に保管されている「メリーちゃん」が

新しくなった「富士山かぐや姫ミュージアム」の最初の催しとて

見ることができます。

日米の平和のかけ橋となった里帰り展を

沢山の人に見てもらいたいですね。

そしてこれをきっかけに県内に配られた253体の青い目の人形

の内少しでも見つかったら嬉しいですね。

 

2月 23, 2016 - 日々のこと    なかなかむづかしい はコメントを受け付けていません。

なかなかむづかしい

ひと月ほど前から腰に違和感があったけれど

その内治るだろうと楽観的に考えていました。

相反して10日ほど前から本格的な痛みとなり

本当に参りました。

水やりもままならず今年の庭も心配です。

そんな中エヒメアヤメは所々に次々咲いてくれるので

来年増えるのが楽しみです。

IMG_7136_400

今日は大分楽になったので体調が良くなると

やる気がこんなにも違うものかと

今さらながらに健康の有難味を感じるのです。

今日は富士山の日。

実家の玄関にはヤマト運輸のお兄さんから勧められた

アマリリスの球根が見事に咲き始め

富士山の写真を引き立てていました。

IMG_7248_400

これまで自分の事は自分でと簡単に言いましたが

いざとなるとなかなか難しいものです。

 

 

 

 

 

2月 9, 2016 - 日々のこと    4 Comments

これからどうしましょうか

昨日の朝は富士山に珍しい雲がかかっていましたね。

まるで大量のメレンゲをかけたみたい。

雲の下ではいったい何が起きていたのでしょうか。

IMG_7121_400

夕方には何事もなかったような富士の姿です。

IMG_7122_400

夫の月命日から10日。お嫁さんが届けてくれた花が

満開となり春を告げているようです。

IMG_7124_400

数日前から洋菓子やパン、料理のレシピを整理しています。

IMG_7126_400

それにしてもノートをまとめる能力に欠けています。

シミだらけでボロボロのレシピも沢山出てきました。

IMG_7127_400

裏を反すと娘が描いた絵がありました。

この絵に全く記憶にありませんが女の子はよだれを垂らしたり

舌なめずりをしたりしています。

泣いている絵もあります。

この頃は手作りケーキやパンに夢中になっていた毎日でした。

IMG_7128_400

三人の子供たちが所帯を持ってからは

もう一度洋菓子や料理の教室に通い始ました。

IMG_7130_400

山ほどにたまったレシピや完成したケーキの写真を見て

さてこれからどうしたものかと考えています。

 

1月 29, 2016 - 日々のこと    二つの初釜 はコメントを受け付けていません。

二つの初釜

久しぶりの投稿です

漸く白く輝く富士山が見られるようになりました

IMG_7115_400

18日には社中の初釜が開かれました

IMG_7051_400

様々なお道具の拝見は楽しいものですが

これは「振り振り」と言って江戸時代のお正月の

おもちゃだそうです。

部屋に置くと魔除けになるとか

IMG_7050_400

水指もお正月らしいしつらえです

IMG_7043_400

羊羹の中央はお猿の顔のようです

IMG_7042_400

 

一品持ち寄りということでしたから何十年も毎年作っていたのに

今年は三が日にはお休みしてしまった

「錦たまご、松風、黒豆」をつくってみました

IMG_7059_400

IMG_7062_400

今年はお稽古に休まないで通いたいと思います。

 

そしてもう一つの初釜に行ってきました

3月13日まで富士芸術村で開催されている

「志村陽子展~遥か遠い昔から~」です

IMG_7090_400

 

IMG_7077_400

IMG_7095_400

こちらもとても楽しませていただきました。

1月 16, 2016 -    また行きたい庭  はコメントを受け付けていません。

また行きたい庭 

昨日は午前中、富士市オープンガーデンの総会が開かれました。

午後からはその内15名ほどがグランシップで開催された

「花の都しずおか県民大会」に参加しました。

IMG_7039_400

私たちのオープンガーデンのメンバーも

昨年のAさんに続いて表彰されました。

同じ大淵地区からということもあり嬉しい受賞です。

IMG_7030_400

 

授賞式の後は「塚本こなみ氏」の講演です。

世界一美しい「桜とチューリップの庭園」と言われる

浜松フラワーパークのお話を色々お聴きしました。

IMG_7040_400

こなみ氏は日本初の樹木医さんで

特に藤に関しては右に出る人はありません。

IMG_7033_400

魅力の乏しかった浜松フラワーパークを予算の少ない中

建て直せたのはこなみ氏のセンスと情熱、知識

そして人や植物やに対する優しさだと思いました。

昨年この県民大会に一緒に参加した夫も

こなみ氏の思いやりに触れた一人だったと昨日知りました。

この写真は2014年にフラワーパークを孫二人を連れて

訪ねた時のものです。

体調から長く歩くのは辛かったのでしょう。

「少し座りたいな」と背もたれのあるこの椅子に掛けて

暫らく桜やチューリップ、孫たちを眺めていました。

昨日は「背もたれのある椅子」を公園内に沢山設置した

いきさつなども聞いてフラワーパークの成功を

納得させられたのです。

父_400_400

フラワーパークの桜とチューリップは

2014年4月7日のブログにUPしています。

今年はもっと進化しているかしれませんね。

 

 

 

ページ:«1234567...293»