Browsing "記念日"
8月 15, 2011 - 日々のこと, 記念日    終戦の日を堂ケ島で はコメントを受け付けていません。

終戦の日を堂ケ島で

堂ケ島での海水浴は二泊三日でしたから
8月15日の終戦の日は浜辺で迎えました。
小さな町は広報無線が本当によく聴こえます。
朝から夜9時まで何かにつけて無線のお知らせがあるのですが
15日正午の戦没者慰霊の黙祷を知らせるサイレンは
本当に大きく響きました。
手を合わせる人。 黙想する人、そのままでじっとサイレンを
聴いている人、様々ですが
中には「このサイレンなんだろうね~」「なんだろうね~」との声も聞こえてきました。
前もっての広報ももちろんありましたが、
そういう時代になったのかととても淋しい気がしました。
そんなこともあって海での様子をUPする前に
絵の写真を1枚UPしました。

これは実家の広間に飾ってある絵です。
13日にファミリーが集まった時に新しく参加した孫のパートナーや
話が理解できるようになった曾孫もいるので
父がこの絵のいきさつを話しました。
父が招集されていた時、慰問袋に入っていた両親の写真を
両親が亡くなってから肖像画として描いていただいたものです。
戦時中、近所の人に撮っていただいた写真が戦地に送られてきたので
ガダルカナル島でも肌身離さず持っていたそうです。
お守りの写真はセピア色になっていて父の宝物です。
この絵は写真をもとに40年ほど前に描かれたものですが
年を経るごとに重みを感じます。
今回の父の訓示は「平和と健康の有り難さ、そしてほどほどの難しさ」についてでした。

7月 18, 2011 - 日々のこと, 記念日    米寿のお祝い はコメントを受け付けていません。

米寿のお祝い

母は7月24日で満88歳になります。
父は9月で91歳。
両親の子、孫、曾孫、孫にもつれあいができていますから
このピラミッドは合わせて32人となりました。
中学生になった一番大きな曾孫を
除いて今日は31人が集まる事ができました。
中学生になると部活動が優先となるので
なかなか大変です。
これまでは何でも父がやってくれていましたが
「お前たちに任せたから」と言われたので
「これでいいかしら」と時々相談しながら
米寿のお祝いの計画をすすめました。
何事もそうですが「できる時に、できる人が、できることをする。」
「したくてもできない時がある」のですから。
人のためにもそして自分のためにも。。。
もしかしたらわたしたちのDNAの中にみんなで集まるのが
好きと言う事が刷り込まれているかもしれません。
O型が多いですが32人中、男性16人女性16人です。
みんな女性が多いと思っていましたが昨年から
男の赤ちゃん3人が頑張りました。
米寿のファッションはとても若々しくにあうでしょう。

普段から着ていても良いくらいです。
床の間の掛け軸はちょっと変わっていますが
父の干支の申と母の亥と描いていただいたものです。
今回は母のお許しがあったので50年続いている日記も
並べられました。
私たちがすっかり忘れている家族の記録が正確に記されています。
続ける事はすごいことと思いました。
今朝のなでしこジャパンの快挙の興奮かさめやらない中
夫が乾杯の時母を大和撫子にたとえてくれました。
できる時に出来ることをしているうちに
みんな大和撫子になれるでしょうか。
母のお姉さんは6月に白寿を祝いました。
来年100歳です。
元気に伯母に続いてもらいたいものです。

5月 28, 2011 - 日々のこと, 記念日    9歳の誕生日 はコメントを受け付けていません。

9歳の誕生日

今日は7人の孫の内4番目に大きい孫、S子の誕生日でした。
S子は、音楽、運動、絵が好きです。
あれれ、算数や国語は?
きっと好きだと思いますが、
好きでないかもしれません。
将来はお花屋さんになりたいといっています。
少し前に2年生の時のこんな作品を私にプレゼントしてくれました。

「ギターは楽しいよ」という題が付いていました。

今週の日曜日はS子と森の刺しゅう展に行った後
コミュニティFで行われていた
「パステルアートで贈ろう!  あなたの応援メッセージ」と題した
東日本応援プロジェクトにも参加してきました。
S子は集中してこんな作品を作っていました。
ワンコインで作品を作り被災地の子供たちにメッセージと
お絵描き道具を贈るという活動です。



今回の震災で南相馬市から避難してきたお友達がクラスにいて
とても仲良しになっています。
9歳なりに楽しいこと、考えさせられることいろんな経験をしているS子ですが
好きな音楽や運動、絵が描けるような平和な世界であってほしいと
孫の誕生日に思ったことでした。

5月 18, 2011 - 日々のこと, 記念日    こんな祝いかたも はコメントを受け付けていません。

こんな祝いかたも

今日は長女夫婦の14回目の結婚記念日でした。
記念に大倉陶園の器をいただいたそうです。
そして「国旗を飾ったの。。。**」と娘は言っていました。
良く考えてみたら大事な記念日に国旗を掲げるのは
納得のような気もします。
国旗を掲げる習慣がなくなってしまいましたが
あらためて考えてみるとなかなか意義深い事と感じました。
結婚式で「日本一幸せにします」と大きな声で宣言してくださった
Jさんを昨日の事のように思い出した結婚記念日だったのです。
近かったら日本一への気持ちのこもった日の丸の写真
撮りに行ったかもしれません。
決めた事には人目を気にしない暮らし振りにも感心してしまう母なのです。
昨夜の満月は素晴らしかったですが
今夜の十六夜の月も見事でした。

5月 17, 2011 - 日々のこと, 記念日    E君一歳になりました。 はコメントを受け付けていません。

E君一歳になりました。

私の長男の長男が一歳になりました。
5月1日に初節句をかねたお祝いをしたので
きっと今日はケーキでお祝いではないでしょうか。
これは33年前、長男の誕生日の日にケーキで祝っている時の写真です。

今のようにイクメンのいない時代
5歳、4歳、そして1歳になった長男。
いかに忙しい毎日だったか、そして倹約したこのケーキの作りかたで
暮らしぶりを思い出しました。
このカーデガンは友人のお母様が編んで下さったもの
長女はわたしの手製のスモック、次女は手編みのベストを着ています。
そして近所のお友達はパジャマ姿ですから
お風呂に入れてもらってから出かけて来たんですね。
当時は写真もめったに写さなかったしビデオはもちろんですから
貴重な1枚です。
今から思うと精一杯手作りして楽しかったですね。
あっと言う間に月日は流れます。
Eくんのパパもちょっと前はE君みたいだったのが
懐かしく思う誕生日でした。

雷も鳴った雨の夕方突然雲の切れ間から。。。

宅急便を出し車に乗ろうとして
何気に茶畑の方を見ると愛鷹山の上に薄らと虹がかかっていました。

ページ:«12345678»