Browsing "未分類"
5月 13, 2016 - マイガーデン, 未分類    オープンガーデン~雑木林から奥の小部屋へ はコメントを受け付けていません。

オープンガーデン~雑木林から奥の小部屋へ

雑木林はこの猫のコーナーから始まります。

IMG_1243_512

昨年妖精がいるみたいと言われたアキニレに

今年も対馬の石斛が咲いてくれました。

上を見上げて探してみて下さい。

IMG_1218_512

先日まだ花の咲いていない石斛を見て

「沢山の鳥の巣」があるといわれましたが

今ならそうは言われませんね。

明日は見頃です。

IMG_1219_512

ヒメシャラとアキニレの林を抜けると。。。

IMG_1224_512

小部屋の前にツリーチェアーがあるので座って今来た道をみてください。

IMG_1258_512

白いドアを開けて

小部屋に入ると窓からの眺めは歩いてきた雑木林

トリックではありませんが

実際より長い小道に見えるのです。

IMG_1260_512

今年ヒットしたのがマイブログ「大淵婦人日記」から

プリントアウトしたマイガーデンの写真。

オープンしていない季節の写真を展示しました。

IMG_1261_512

中でも一番人気は庭に住みついているモリアオガエル

真夏の蓮の写真です

IMG_1263_512

今年も「こだまみえこさん」のリマージュボタニックの

コーナーがあります。

我が家に咲いていた、ミヤコワスレ、サギソウ、

ヤマボウシ、ツリバナ原画も見ていただけます。

「こだまみえこさん」は明日14日在廊予定です

IMG_1264_512

14日15日のオープンガーデンどうぞお出かけください。

 

 

 

 

 

 

3月 10, 2016 - 日々のこと, 未分類    人形の不思議 はコメントを受け付けていません。

人形の不思議

2月27日「富士山三保子」里帰り展から

帰った時の事ですが、玄関を開けると電話のベルが

鳴っていました。

急いで出ると先輩のDさんからです。

「富士山三保子さんや富士川で発見されたメリーちゃん」の話を

すると「私はその幼稚園出身よ」と言われビックリしました。

IMG_7303_512

IMG_7304_640

そして3月6日の日曜日久しぶりに富士川の慈林寺の副住職と

夕食を共にしていた時

「メリーちゃんは戦争中、富士川の慈林寺」で

かくまわれていたとの情報が

甥の基調講演の後分かったと電話がありました。

副住職も知らなかったのでまたまたビックリしました。

人形というのはやはり不思議なものでしょうか。

富士市では4月3日に雛祭りをしますから

腰痛で出し遅れたお雛様をやはり飾ってみようと

思っています。

青い目の人形は日本のひな祭りに合わせて

米国から贈られたそうですから。

実家の玄関に置いたアマリリスは二本目の花も見事で

ずっと咲続けています。

夜のアマリリスは幻想的ですね。

IMG_7377_512

7月 26, 2015 - 未分類    2 Comments

今年は遠目で

七月は花が少ないですが

毎年咲いてくれる山百合やモミジアオイは存在感があります。

IMG_5063_512

一日咲いて散りますが蕾はいっぱいあります。

IMG_5079_512

 

今日は蒸し暑かったですが

一日中曇りでしたから庭仕事がはかどりました。

暫らくほってあった庭は荒れ放題ですが

新盆も近いので雑草やツルをひたすら抜きました。

IMG_5088_512

バラの師匠も来てくださり伸びすぎて暴れているツル薔薇の枝を

大切にまとめて下さいました。

IMG_5091_512

今までテラスには日よけのタープを張っていましたが

私一人で張ったり外したりは

せわしないのでパラソルにしてみました。

我が家には似合わないと思っていましたが

思いのほか馴染んでくれそうです。

芝の雑草は取りきれないので

芝刈り機で一緒に刈ろうと思っています。

今年の庭は遠目で見て下さいね。

 

7月 9, 2015 - 未分類    7 Comments

あの日からずっと雨です

父の日のブログをUPしてから2週間以上経ってしまいました。

夫とは父の日のプレゼントのこのグラスで

6月22日、乾杯もしました。 IMG_4949_512

 

袴を畳んでいるこの写真は一昨年の12月7日

生涯、 最後と覚悟して行った稽古の後に私がそっと写しました。

娘と孫の3人で行ったこの稽古が残念ながら最後の稽古となりました。 IMG_5017_512

この後1年半稽古こそ出来ませんでしたが

前向きに随分沢山の事をして 過ごすことが出来ました。

余命宣告を受けましたが多くの方々に支えられての

貴重な2年間に感謝したいと思います。

亡くなる前日6月27日の夕方の事でしたが

夫が「庭を見たいな」と言ったのでリビングの椅子に腰かけて

孫のTちゃんと庭を眺めました。

Tちゃんが澄んだ声でグロリアを歌ってくれたので

聴き入って終わると拍手していました。

  Tちゃんのグロリアをお聴きください

歌い終わると空は今まで見たことがない不思議な夕焼けに 染まりました。

翌日夫は帰らぬ人となってしまいましたが

未だに現実として受け止められない気持ちでおります。

取り留めなく書いてしまいましたが

お世話になりました皆様に心より感謝の気持ちでいっぱいです。

本当に有難うございました。

終戦をお腹の中で迎えた夫が生まれてきたら

世の中を明るく照らすようにと

義父は「照夫」と命名したそうです。

あの日からずっと雨ですがそろそろまた照らして

もらいたいと思います。