Browsing ""
9月 15, 2011 - おすすめスポット,    2 Comments

帰るまでに出て行ってほしかった・・・

昨日の事ですが出かけようとガレージを開けると
突然バタバタと私めがけて何かが向かってきました。
よくみればキジバトです。
車のドアを開けようと近づくとバタバタします。
暫くすると梁にとまって落ち着いた様子なのでガレージを
全開にして出かけました。
「帰るまでに出て行ってほしいと思いました。」


夕方帰るとお陰さまでガレージにハトはいませんでしたからホッとしました。
今朝の事ですが、居間のカーテンを開けると
昨日のキジバトがヒメシャラの木のとまっています。

そのうちもう一羽が来て二羽が仲良ししていました。
それもカメラに収めようとしましたが
なかなか写せません。
軒にとまったキジバトを写そうとしていると
夫は「珍しくもないのに・・・」と言いました。。
神社の境内のドバトと思っているらしいのです

昨日からの事があるので、とても親しいハトに思えました。
ガレージの中は困るけれど
庭ならずっといてもいいですよ。

8月 11, 2011 - おすすめスポット,    2 Comments

分りにくかったですか?

私の昨夜のブログは分りにくいとの
お電話をいただきました。
まだ小口マジックに掛らなかった写真がなければ
比較出来ないとの御意見です。
独りよがりになっている時があるのかもしれません。
そこでリクエストに答えてあまり自慢出来ないですが
小口マジックをかけていただいてない時の蓮の写真もご覧ください。

               

               

そんな電話をいただいた今朝富士ニュースを見ると
表紙に昨日見に行った戦争展の事が載っていました。
そして私は写真を撮られたのを全く気がつきませんでしたが
見いっている所が小さく写っていました。
みえこさんのヒロシマの歌や新井満さん作詞作曲のの富士山の歌も
思いがげない所で聴きました。
地元の沢山の資料が提供展示されており
父が以前寄贈したガダルカナル島回顧の冊子も
展示されていたのでビックリしました。
私は初めて見たのですが展示は一段と充実してきているそうです。
孫たちにも覗いて欲しい展示だと思いました。

               

8月 10, 2011 - おすすめスポット,    魔法にかかりました はコメントを受け付けていません。

魔法にかかりました

朝、5時30分から代通寺で写真家の小口氏が
蓮の写真の撮り方について教えて下さると聞いたので出かけました。
自動でしか写した事がない私のカメラに「これで撮ってみて。。。**」と
小口氏がなにやら調整してくださったのでファインダーをのぞくと
そこには先程と全く違う蓮の世界がありました。
これは全く加工もトリミングもしていない私がシャッターを
切っただけの写真です。

               

               

               

               

               
次に写す時はもう魔法が消えてしまっている事と思いますが
清々しい一日のスタートでした。
三年前、イ・ファイの小口氏とご縁があったことから
全くパソコンを操作出来なかった私にブログの書き方を
イ・ファイのスタッフの方が教えてくださいました。
蓮の花の前で、不思議なご縁も思い出す朝だったのです。

樹木の事

先日富士芸術村のスタッフ日帰り旅行で行かせていただいた
八ヶ岳倶楽部。
初めて行ってから十年ちかくなるでしょうか。
雑木林はあの頃よりさらに手入れが行き届いていました。
枝打ちは美しい光と影を作るために柳生博氏の手によって
計算されつくされて行われているようです。
誰もが安心して入れる一万本の広葉樹林を
この八ヶ岳にもとあったような姿に30年かけて造り続けている。。。
熱く語るスタッフの方のお話をきき本当に大切にされている雑木林なのだと。。
三十年近い歳月を林に掛けた想い。。
その雑木林に癒される私たち。。。
次は秋の紅葉の頃夕日に照る雑木林をみたいと思いました。


そして昨日は樹齢400年の一本のケヤキに出あいました。
芸術村の旅行でご一緒したみえこさんのブログで一度行きたかった場所です。
富士宮では知らない人はいないKさんのお宅の庭に
6月、Cafe Pageがオープンしました。
Cafeのオーナーさんはこのケヤキの木を見て一目でここで
お店を開きたいと思ったそうです。

築90年の建物が上手にリホームされていました。

木の持つ力は、すごいですね。
そして一本のケヤキの木からこんな出会いも。
Pageさんの壁に懐かしい凧がかけられていました。
一目で私の甥が十年くらい前、学生時代に描いた凧絵と分りました。
富士宮市の商店街活性化のためのアートフェスティバルに
私の友人のお店で凧絵を甥に描いてもらった時のものです。

新しく開店したお店にかけていただいてあるのは嬉しいですね。
私の甥の凧絵と分ってビックリしたマスターは
「彼は今どうしていますか?」と尋ねられました。
「昨日まで銀座和光のギャラリーで吉徳の学芸員として
手がけた人形を展示していましたよ。」と話すと
「もうひとつどうしても描いていただきたい絵があったのですが、
そうですか・・・・」と残念そうでした。
またこの木からご縁があると良いですね。
我が家の藪のようになっていた庭の木は
2本のツルバラを植えたことから始まって
可哀そうでしたが何本か伐採されました。
整うまでもう少しかかりますがどうなることでしょうか。
少し不安と楽しみとです。

6月 21, 2011 - おすすめスポット,    浜松の旅・・・その4 はコメントを受け付けていません。

浜松の旅・・・その4

私が一年ほど前からいってみたかった浜松にある「茶房日々」
隠れ家的とは聞いていましたが本当にこんなところに?
標識もなく入っていっても良いのか一寸心配なほど。

3年前にオープンしたそうですが
2か月ほどお休みだった「茶房日々」
偶然にもこの日からが久しぶりの営業とか。。。**
まるで待っててくれたようなタイミングでした。

               
オーナーは奥様で写真家とうかがいました。
25年空き家だった家屋を借りて
御夫妻で何年もかけてリホームし造り上げた空間です。
どこを切り取っても絵になるとはこの様なことなのでしょうか。

               

               

               

手作りのオーガニックのケーキやお茶。
ショップのコーナーもこだわりの品ぞろえで
もう少し近かったら静かな時間を過ごしに
時々いってみたい「茶房日々」でした。

ページ:«12345678»