Browsing "地域活動"
2月 4, 2012 - 地域活動, 日々のこと    心のいろどり はコメントを受け付けていません。

心のいろどり

今日はきらり交流会議<アート・プラス・ワン>の主催する
「心のいろどり」というというテーマの催しがあり
富士芸術村村長、富士美術研究所所長でもある漆畑勇司氏が
「心と色に関するおはなし」をしてくださいました。
人は心の中に色があり人との出会いによって
様々に変ったり色どりを良くしたりする。
人の色はその人の立ち場所によっても
変わって見えるもの。

など興味深いお話の後はこんな実験も。
昔の美術の授業は頭の中だけでしたが
光の三原色、本当に混ざると白くなるんですね。

               
孫のS子は絵や工作が大好きというので一緒に行きました。

二人でこんなに作りました。
               
まわしてみると

                こんなのは
                
こんなふうに

S子は帰ったらボール紙で作りたいと言っていました。
その他にもいくつかの不思議なコマが展示されていたので回してみました。
                
虹色は

                
                本当に白くなりました。
                
最初に考える人はすごいですね。
短い時間でしたが色をテーマにした気持ちの温まるお話しや体験でした。
面白いことに帰りがけS子が
「おばあちゃんお金払わないでいいの?」
と言ったので、今日の催しのしくみも話して聞かせましたが
三年生のS子にとっては随分価値ある体験だったようです。

2月 1, 2012 - 地域活動, 日々のこと    大淵の柿酢 はコメントを受け付けていません。

大淵の柿酢

大淵の四ッ溝柿で作った柿酢の記事が
今朝の富士ニュースに載っていました。
「新たな特産としての試作品」が完成したとか。
大淵で見る富士山を背にした晩秋の柿の木の風景は
これから茶畑と並ぶビュースポットになるかもしれまん。
それにしても「大淵の柿酢」
どんな味がするのか早く味がみたいものです。
透明に見えるのも不思議ですね。

1月 11, 2012 - 地域活動, 日々のこと    電子レンジとシリコンスチーマー はコメントを受け付けていません。

電子レンジとシリコンスチーマー

電子レンジを使って調理することは
あまりない私でした。
ひやご飯も蒸し器で温める方が美味しいので
そうしています。
もう45年ほど昔の事、学生だった私が帰省すると
台所に電子レンジというものが置かれていました。
母は私にお赤飯を温めてみせ
そのホカホカした味に
当時食物科を専攻していた私は本当に驚いた事を
覚えています。
会社では松下電器の製品も販売していましたから
新しい物好きの父がまずわが家にと取りつけたものでした。
当時は本当に高かったです。
その頃私は2万7千円で運転免許を取った事を覚えていますが
電子レンジは15万円以上したのではないでしょうか。
それでも買って下さるお客様があった時代です。
その電子レンジをこの頃よく使います。
暮れに銀行の粗品でシリコンスチーマーをいただきました。
自分で買う事はきっとなかったとおもいますが。。。
野菜のもつ水分で美味しく調理や下ごしらえができるので
二人暮らしにはとても便利です。
いただいたものは小さかったので
たまたま行った東急ハンズに山と積まれていたルクエの中サイズを
結構高いと感じましたが6300円でもとめました。
それでも簡単に温野菜を沢山食べられて良いかなと。。。**
実家での調理にも持っていって使います。
カボチャのサラダや蟹しんじょも簡単にできて
好評でした。
暫くはまりそうです。

11月 27, 2011 - 地域活動, 日々のこと    富士山麓クリーン作戦 はコメントを受け付けていません。

富士山麓クリーン作戦

富士山の文化遺産登録を後押しするために
5年前から行われている第6回富士山麓クリーン作戦が
大淵まちづくり推進会の主催でで開催されました。
住民800名が参加し私の住む城山町でも
80名の参加です。
わたしは4回目の参加となりますが
以前不法投棄の山だった担当地域の沢などに
今年は大型ごみなどが無くってホッとしました。
それでも今回4トントラック一杯ぶんのゴミが集まったとか。
みんなの心がけでクリーン作戦をしなくても
いつも奇麗な富士山麓であってほしいですね。
「富士山は奇麗に見えてもゴミの山」
なんて言われたくないですからね。

今日は清掃活動には?最高のお天気。。。**
富士山を見たり足元も見たり
台風被害の山林や色づいた様々な木の実なども
見ながら楽しいおしゃべりもして
気持ちの良いクリーン作戦となりました。




                

                

今日の画像は城山町公会堂から上に向かって
一回りしてきたコースですが、「どれだけ山にすんでるの?」
と言われそうです。
自然が近くにある町を愛している住民の私たち。
これ以上自然が破壊されないよう祈りたいですね。

11月 19, 2011 - 地域活動, 日々のこと    ベルローゼふじ ハンドベルコンサート はコメントを受け付けていません。

ベルローゼふじ ハンドベルコンサート

午前11時49分富士市に大雨洪水警報
発令されました。

今夜の大淵地区男女共同参画推進員の企画する
「ベルローゼふじ」さんにお願いしたハンドベルコンサート
ですがいったいどうなるのでしょうか。
外は土砂降り、強い風もふいています。
そんな中
5時半にはメンバーの皆さん集合して練習を始められました。

お客様は本当に来てくださるでしょうか・・・
誰も来なかったらどうしよう・・・
まだ警報は解除されていません。
しかし有り難いことに時間になると
こんなに沢山のお客様が集まってきてくださいました。
代表もホッとしての御挨拶です。

今回の目的は男女共同参画を推進する意図があります。
参画課からも担当の方が来られて、
皆さんにちょっとお話を聴いていただきます。

演奏が始まると清らかな音色に
外の雨のことはすっかり忘れてしまいます。

合間に体験の時間を設けてくださったので
孫のIちゃんもママと一緒にベルを振りました。
体験している皆さんは必死でしたから分らなかったかもしれませんが
最後は喜びの歌にちゃんと聴こえましたよ。

5オクターブ揃っているこのベルはアメリカ製で
日本ではまだまだ真似のできない伝統と技術で
手造りされている貴重なものだそうです。
最近は皆で演奏する音楽が流行っているという
お話もありました。

アンコールは「見上げてごらん夜の星」をでしたが
今年ほど様々な演奏会でこの曲を聴いた年はありませんでした。
今までは皆、様々な思いで聴いた曲だったと思いますが
今年はひとつの思いで聴いていると感じたのです。

参加申し込みの方は150名でしたが今夜は50名の方が
おでかけ下さいました。
この天候の中、ベルローゼふじの皆様はじめ
おでかけ下さった皆様全員に感謝状をさにあげたい気持ちです。
皆様無事帰宅された事と思いますが
大雨洪水警報は23時53分に解除されました。
ここでお知らせですが
「ベルローゼふじ」のコンサートが12月11日にあるそうです。
今回こんな天候で聴くことが出来なかった皆様。
是非おでかけください。

ページ:«12345678»