Browsing "四季の行事"
4月 4, 2012 - 四季の行事, 日々のこと    昨日が嘘のよう はコメントを受け付けていません。

昨日が嘘のよう

昨夜の風雨が気になったので
いつもは朝には開けない和室をのぞきました。
昨日とうって変わって明るい日が障子に・・・

昨秋窓際に植えたツリバナの新芽の影が映っています。
               
障子を開けて。。。**
良いお天気になりそうです。

月遅れの雛まつりも昨日で終わりました。
名残り惜しいですがお雛様ともしばしのお別れです。
                

今日の富士山はまた特別でしたね。
                

3月 3, 2012 - 四季の行事, 日々のこと    雛まつりが始まりました はコメントを受け付けていません。

雛まつりが始まりました

ようやくお雛様を飾りました。
もう38年前になりますが
初めての女の子の孫の誕生を喜び夫の実家から
豪華な雛人形を送っていただきました。
男の子ばかりだった夫の実家でしたから
義母の喜んだ顔が目に浮かびます。
夫の母はなくなってこの3月で7年になりますが
義母が一目で気に入ったお雛様と聞いています。
今年は頑張って一人で飾りましたが
思い切って始めると
義母の事や子育ての頃を思い出して楽しい作業です。

毎年内裏雛に目が行きますが、今年は脇役の
沓台を持った三人仕丁を窓側に置いてUPで撮ってみました。
なかなかカッコ良いですね。

気がつくと仕丁の位置が違ってました。
この後真ん中に置きました。
そして今年は例年より雅な世界になっています。
というのも先月17日健康堂の蚤の市で
面白いものが出るらしいとお話したのがこの几帳です。
素晴らしい織の布だったのでテーブルセンターにでもと思って
求めましたが、雛飾りの脇に掛けるとここはもう
平安の殿上人の世界です。

昼間次女の三姉妹は「家のお雛様はどうして三人官女がいないの?」と
電話の向こうで言っています。
娘が作ったちらしずしを持って夜やってきた三姉妹は
最初「すごい」と言っていましたが帰るころには
「おばあちゃんちのお雛様はどうして太ってるの?
家のはもっと顔がすっとしていて奇麗だよ。」
と言っていました。
孫たちも雛まつりを楽しむ年頃になりました。
この辺りは4月3日まで飾ることができますから、
わたしは春休みの間が楽しみです。

1月 7, 2012 - 四季の行事, 日々のこと    年々遅くなっていく はコメントを受け付けていません。

年々遅くなっていく

今年は今日ようやく初詣でに行ってきました。
特別な所でもなくいつもの三日市浅間神社なのですが。
昨年も確か遅かったとブログを見直すと
それでも4日には行っていました。
年々することが遅くなってきます。

今日夫は帰りがけ「こんなところに火山弾あったかな?」と言いました。
確か去年も夫はそういって二人でながめたのですが・・・
遅くなっただけでなくだんだん危なくなってきました。
               

昨年もこの火山弾を見て地震や噴火のない事を祈りましたが
今年は本当に怖いと思ってながめました。
昨日はスーパーによって七草粥の材料を
無くなると困るので両親や子供たちにも買い
5年生のMちゃんと並べてみると。。。**
随分ハコベラだけが沢山入っていましたが
それでも全部入っていたので
「ママに作ってもらってね。」と置いてきました。

今朝Mちゃんから写メールが届き
自分で作った七草粥が写っていました。

昨日随分水の量を私に聞いていた訳がわかりました。
               
この時私はまだお粥を炊き始めたばかり・・・
これもだんだん遅くなっているようです。
来年は私のおばあちゃん・・・生きていれば133歳・・・が
歌ってくれた七草粥を作る時の歌を
孫たちに歌ってあげようと思いました。

9月 21, 2011 - 四季の行事, 日々のこと    今年も慈林寺 同事<どうじ>まつり はコメントを受け付けていません。

今年も慈林寺 同事<どうじ>まつり

第6回 同事まつりが10月1日 富士市中之郷の慈林寺<じりんじ>
開催されます。
私のブログに時々登場するDさんは慈林寺の副住職。
先日投げ松明をした木島にある円通寺のご住職です。
娘と同級生だった御縁から家族ぐるみでお世話になっています。
この手作りの同事まつりが始まってから早くも6年目。
お寺の境内に皆が集いとても楽しいお祭りです。
昨年のブログを見ると何んと6回にわたってUPしているでは
ありませんか。自分でもびっくりしながら見返しました。
よろしかったら、月別アーカイブの2010年9月をポチっとすると
9/31~9/25まで間にUPされています。
今年の御案内です。

          

          

それにしても今吹いている、台風の風は恐ろしい。
こんな凄い風は何年も無かったように思います。
この後いったいどうなるのでしょうか。

8月 21, 2011 - 四季の行事, 日々のこと    木島の投げ松明 はコメントを受け付けていません。

木島の投げ松明

堂ガ島から帰った16日の夜の事ですが
初めて富士川木島地区の伝統行事「木島の投げ松明と花火」を
見に行ってきました。
木島地区はわずか80軒ほどですが
その中で開催される供養の行事は伝統を感ずるとともに
とても魅力でした。
三本の柱の先に取り付けられた「もじり」に松明はなかなか届かず
落ちてくる松明に本当にハラハラの何十分かです。
この雰囲気は近くでみないと分らないかもしれません。

                
三本に火が着いた事を確認したあとすぐ高台にある円通寺に向かいました。
ここは我が家の家族がお世話になっているDさんが
御住職をつとめるお寺で寄せていただいたのは初めてです。
駿州木嶋手筒組による花火は近くで見られませんでしたが
打ち上げ花火の美しさを堪能しました。 

                

                
花火が終わった頃、64年前の8月16日ここ円通寺で生まれたと言うHさんと
17日が御誕生日の御主人さまのはハッピーバースデイが。

                
こういう地区が新しい富士市にあるというのは本当に嬉しいですね。
投げ松明の様子はこちらからも

ページ:«12345678»