Browsing "剣道"
10月 12, 2011 - 剣道, 日々のこと    2 Comments

松江市から

全剣連からの派遣でこの三連休、
夫は松江市に剣道の指導に行っていました。
先週の下関に続いて松江も大変よい所だったようです。
お魚が美味しく、残されている古い街並みも。。。**
日本には良い所がまだまだいっぱいあるんですね。
今回地元の剣道関係の方がたから沢山のお土産をいただきましたが
何の手違いか宅急便がなかなか届きません。
一緒に手続きしたはずの防具、竹刀、おみやげの
3個口が全部別々に。。。
竹刀袋は行方不明になり営業所のコンテナの隙間から
見つかったとの連絡が夜の10時でした。
昨日届くはずの荷物が一日遅れの今日、さらに10時・・・
どこの運送会社とかは言いませんが
次は心配で使えなくなりますね。
よその会社の事ではありますが自分の所も
仕事でそのような事が無いようにと思った一日でした。
恐縮しながらも、これだけいただくと
松江のお土産の傾向がわかりますね。
ご馳走さま。皆で楽しみにいただきます。

こちらからのお土産はいつもあれこれ考えますが
結局はお茶ということになってしまいます。
お勧めのお土産があったら教えていただきたいですね。
今年植えた常緑のやまぼうし。
紅葉の色がやさしい感じ。。。**

10月 4, 2011 - 剣道, 日々のこと    2 Comments

おいでませ!山口国体

今日夫は10月2日から開催されていた
「おいでませ!山口国体」から帰ってきました。
国体の成年剣道競技は20歳以上の年代別、
大将は55歳以上の5人編成です。
静岡県大会の年代別選手権を経て選手が選ばれます。
今年は夫は総監督。
競技には出場しませんから、ちょっと年も感じます。
とはいえ出場経験豊富な監督が付いて行くことは
選手にとっては心強いものがあるかもしれません。
大将は先日東西対抗に出場したTさん。
副将は夫の甥でした。
初戦で敗退しましたが、相手チームの熊本県は大変強いので
3位になったそうです。

孫のJ君は今年からこの日2本勝ちした甥の小山八段に
指導を受けていますが
新聞を読んであらためて親戚のお兄ちゃんを頼もしく
感じているかもしれません。

国体は開催県の人たちが、総出で一生懸命
盛り上げもてなして下さいますから
一般の大会と違って選手の皆さんは
地元の人と交流したり名物を味わったりと言う
楽しみもあります。
剣道の会場となった下関には「旅行で行った」と言う人は
あまり聞きませんが、「とっても良いところだった」と
夫は言っていました。
フグ、ウニ、クジラ、焼き肉・・・・・安くて、美味しい
聞いただけでも間違い無く良い所ですね。

今回私にとってもとても嬉しい事がありました。
話せば長いことになりますが、昨年の「雁まつり」の日に
不思議な事が瑞林寺であったので
2010年10月2日、と3日の日のブログにUPしました。
瑞林寺を何気なく訪ねたのは富士ニュースに掲載されていた小説
「雁堤」を読んでいたからです。
記録集にあった「椿山門」が瑞林寺にあったことが
解かれたのは雁まつりの日でもあり不思議なできごとでした。
記録集は後日、後輩でもある[雁堤」の作者、小林正仁氏に渡り
その後氏の友人でもある、Kさんにも渡りました。
記録集の御縁からKさんが下関のウニを送って下さり
初めてKさんの妹さんが下関に嫁がれた事を知ったのです。
国体の剣道競技で下関に夫が行くことをお話しすると
沢山の下関の資料を妹さんが送ってくださいました。

3日の日夫からの電話で
「Kさんの妹さん御夫妻が応援に来てくださった。」
とありました。
全く顔もお互い知らないのに、来て下さるとも知りませんでしたから
大勢の中で良く出あえたものと感心したり
有り難かったりの出来事でした。
ただ心当たりはこの国体のユニホームです。
とってもセンスの良い県もありますが
静岡県ほど目立つユニホームはありません。

それにしても「雁堤」や「記録集」をきっかけに
沢山の人の繋がりや出会いがあって。。。
応援に来て下さったのは気が付けば偶然にもあの日からちょうど一年。。。
これから何が起きてどんな出会いがあるか
予想もつきませんが楽しみなものです。

そして下関、是非行ってみたいと思いました。

9月 17, 2011 - 剣道, 日々のこと    全日本東西対抗に はコメントを受け付けていません。

全日本東西対抗に

剣道に東西対抗と言う大会があります。
全日本選手権や国体は良く知られていますが
剣道最高峰と言われるこの大会はあまり一般的
ではないかましれません。
今回、会社の「田中康宏」八段が山形県で開催される
東西対抗に出場することになりました。
この大会に指名されることは世界選手権は別として
剣道を志す剣士にとっては特別な事でもあるのです。
私も以前義甥の応援に行ったことがありますが
品格のある対戦は気持ちの良いものでした。
私たちが昔々初めて仲人を務めさせていただいた田中八段の
健闘を祈りたいと思います。


東西対抗はこちらから

7月 28, 2011 - 剣道, 日々のこと    今年もイタリアから はコメントを受け付けていません。

今年もイタリアから

イタリア剣道連盟の剣士8名が
剣道修行のため日本にやってきました。
毎年3月末から5月ごろ来日しますが
今年は震災の影響で夏に延期されたのです。
わが家を訪ねてくれるのは三回目です。
和室で木刀の素振りをしたり
居間で夫の余興に素直に答えて
新聞紙を手で真っ二つに切る事に挑戦しています。
皆さん礼儀正しくて剣道か本当に好きなのです。

               

今年は沼津の市立体育館で夜の稽古に参加しました。
私も稽古の見学をするのは久しぶりです。
子供の稽古が終ったあと三々五々大人が集まってきて
気合いの入いった稽古が続きます。
                
イタリアの剣士もいよいよ出陣です。
垂れネームにはカタカナが書いてあるので名前がわかります。

                
着装も構えも剣道をした事がない私が言うのも変ですが
「なかなか」です。

中体連の県大会に出場する選手も稽古に参加していたので
子供たちは外国人選手に興味津々の様子でした。
稽古が終ると夫の甥から
イタリアの剣道連盟の副会長の紹介や
来年剣道の世界大会がイタリアで開かれることなどが紹介されました。
                
挨拶が終わった後は稽古をいただいた先生に講評をうけます。
夫は何語で講評をしていたのでしょうか?

稽古の後は夕食をかねたさよならパーティーです。
               
まるで歓迎の旗のようですが、こちらのお店では娘さんがイタリアで
15年お仕事をしていて少し前にイタリア人の旦那様と一緒に帰国ました。
ピザ窯も手にいれピザ職人としてお父様の居酒屋さんを手伝っているのです。
ここでは日本人がお婿さんのピザを食べ
イタリア人がお父様の焼くお好み焼きや焼きそばを
この夜は、イタリアと日本のどちらに旗が揚がったでしょうか。
日本の剣道家は豪快に飲みますがイタリアの人はとても品良く飲みます。
その夜は日本の剣道家ももとても静かに和やかに飲んでいました。
夫の甥は以前からイタリアとの交友が深かったのですが
8段を取得した3年前イタリアから剣道の指導ということで招かれ
夫も指導に同行させていただき私も付き添ったというわけです。
来年の世界大会に向けて皆さん頑張ってほしいですね。

4月 19, 2011 - 剣道, 日々のこと    2 Comments

S御夫妻をむかえて

夫は2月、ニュージーランドの剣道連盟から審査や指導に
招かれて行ってきましたが
その時地震があったのでニュージーランドの風景を
UPしそびれていました。
昨日はニュージーランド剣道連盟の会長御夫妻が
わが家を訪ねて下さったので、夫が撮ってきた写真で
オークランドの様子を紹介したいと思います。

                

剣道もですがニュージーランドはやはりこの風景ですね。
                

               
ここは日本の静波で会長のS氏がカヤックの講習をしています。

会長さんはニュージーランドを拠点に
日本でカヤックの製造販売も手掛けてこられたのです。
30年前外語大学の学生だった奥様と京都で出会ったそうですが
お二人は今も素敵でした。
富士市は初めてとおっしゃっていましたが
ようこそお出かけ下さいました。
               

昨日奥様からいただいたコメントからバイキングカヤックのホームページを
見せていただきました。
日本をニュージーランド風に楽しめるんですね。
バイキングカヤックはこちらから

ページ:«12345»