Browsing "アート"
4月 11, 2015 - アート    漆畑勇司60展+家族展 はコメントを受け付けていません。

漆畑勇司60展+家族展

漆畑先生の還暦を記念した作品展が始まりました。

御家族も一緒の作品展ですがそこにはご両親や

お孫さんたちの存在もあって

繋がっていくということに 心をうたれました。 IMG_3504_512 IMG_3505_512             IMG_3506_512  

 

 

IMG_3503_512

多くの作品の撮影が許可されていたのに

気がつくとなぜか写真が少なく

ブログに書くのには残念でしたが

是非会場に足を運ばれることをお勧めいたします。

 

奥様のこのテラスの絵なぜか魅かれます。 IMG_3509_512

会場ではこの先生の作品の時より少し成長した

三人のお孫さんたちも家族展を盛り上げています。 IMG_3510_512 IMG_3511_512 IMG_3512_512 IMG_3516_512

大勢の方が来場されている会場を見て先生が築かれた

富士市のアートの歴史を垣間見た作品展でもありました。

会場の様子はこちらから    http://taitan.cocolog-wbs.com/blog/

4月 7, 2015 - アート    2 Comments

アトリエふいゆを訪ねて

「こだまみえこ」さんがオープンされた「アトリエふいゆ」に

昨日伺ってきました。

昨年末のオープンハウスで拝見したの時のアトリエとは

別の空間に仕上がっていてこれからのみえこさんの活動が

とても楽しみです

IMG_3417_512

窓からは満開の桜が見えて日本そのものでしたが

アトリエの中はフランスの雰囲気

IMG_3418_512

みえこさんは昨年の我が家のオープンガーデンの時

庭のツリバナを描いてくださいました。

 IMG_3420_512

そして八月にはサギソウも

IMG_3422_512

久しぶりのわが子との対面のような気持です。

選ばれて描かれたお花は幸せですね。

 

 

 

3月 17, 2015 - アート    癒される作品 はコメントを受け付けていません。

癒される作品

昨日に続いて富士美研の作品展からです。

小学六年生のSちゃんのこいのぼり。

気持よさそうに泳いでいます。

IMG_2982_512

 

小学一年生のIちゃんのデッサンは

美研のお友達がモデルのようですが

私の息子であるIちゃんのパパが寝転んでいるみたいです。

 

IMG_2991_512

両方とも何か癒される作品でした。

3月 15, 2015 - アート    2 Comments

真剣に見せてもらいました

「富士美術研究所の本年度の作品展に行ってきました。

三人の孫のそれぞれの沢山の作品を

膨大な数の作品中から見つけ出すのは

楽しいもののなかなか大変です。

小学一年になったIちゃん

とても丁寧に描いています。

私に似なくてよかった根気強い作品です。

IMG_2945_512IMG_2962_512   IMG_2977_512

これは6年生のSちゃんのセミの標本です。

別々の時間に作っているのに他の生徒さんの中で一際

上のIちゃんのセミととてもよく似ています。

従姉妹似のセミのようで面白かったです。

IMG_2978_512

入り口に大きなハチの巣がありました。

沢山の蜂が巣に群がっています。

IMG_2936_512

6年生のSちゃんの作った蜂は

足に黄色い玉を持っていました。

ネットで調べてみると花粉玉のようです。

IMG_2941_512

Sちゃんにも聞いてみるとやはり花粉玉だそうです。

「花粉玉みんな知ってるよ」と言ってましたが

子供が知っていても大人が知らないことが沢山あるのを

知らされた作品展でもありました。

IMG_2998_512

デッサンも子供から大人まで皆さん真剣に描いている様子が

感じ取れてとても良いものを見せていただきました。

孫たちも高校生の作品のように力強く描ける日が何年かの内に

来るのかもしれません。

3月 9, 2015 - アート    奇跡の雛飾り はコメントを受け付けていません。

奇跡の雛飾り

 

久しぶりに佐野美術館を訪ねました

IMG_0023_800 IMG_0027_800

隆泉苑のお庭を通って美術館へむかいます

IMG_2765_512

まだまだ寒いですが苔の緑が鮮やかです

IMG_2761_512

澄んだ湧水の中、紅白の鯉も気持ちが良さそうです

隆泉苑の御座敷では結婚式の披露宴が行われているようでした。

昔の大きなお宅での結婚式はこんな風だったのかと思ったりして・・・

IMG_2764_512

この雛人形と御道具は多くの人の手に渡りながらも

海外のコレクターにも大切にされ

奇跡的に江戸時代のまま124点が散らばらずに残されています。

三島の佐野美術館に多くの人の縁を繋いで収められ

終の棲家をえたことは

図録を読んで分かり人形の不思議なロマンを感じました。

 

 

ページ:1234567...19»