2月 9, 2016 - 日々のこと    4 Comments

これからどうしましょうか

昨日の朝は富士山に珍しい雲がかかっていましたね。

まるで大量のメレンゲをかけたみたい。

雲の下ではいったい何が起きていたのでしょうか。

IMG_7121_400

夕方には何事もなかったような富士の姿です。

IMG_7122_400

夫の月命日から10日。お嫁さんが届けてくれた花が

満開となり春を告げているようです。

IMG_7124_400

数日前から洋菓子やパン、料理のレシピを整理しています。

IMG_7126_400

それにしてもノートをまとめる能力に欠けています。

シミだらけでボロボロのレシピも沢山出てきました。

IMG_7127_400

裏を反すと娘が描いた絵がありました。

この絵に全く記憶にありませんが女の子はよだれを垂らしたり

舌なめずりをしたりしています。

泣いている絵もあります。

この頃は手作りケーキやパンに夢中になっていた毎日でした。

IMG_7128_400

三人の子供たちが所帯を持ってからは

もう一度洋菓子や料理の教室に通い始ました。

IMG_7130_400

山ほどにたまったレシピや完成したケーキの写真を見て

さてこれからどうしたものかと考えています。

 

4 Comments

  • 私もあの雲をずっとながめて、思っていました^^
    続けるということは、すてきですね。
    私も、整理できないので,ながめてばかり・・・
    また、腕をふるってくださいね。

  • みえこさま
    本当に見たことのない不思議な雲でしたね。
    洋菓子作りの魅力の一つはメレンゲの力で
    粉と砂糖が全く別の形になる事だと思います。
    メレンゲのように見えた富士山の雲は
    やはり卵白ではなかったみたいですが・・・

    あたたかな気持ちになるお菓子作り
    ボツボツ始めてみたいです。

  • メレンゲの富士山は見逃してしまいました。残念!!

    さすがですね〜レシピや写真、積み重ねは宝物ですね。
    私も子供達が小さい頃、パンやケーキ作りを教えて頂いて
    楽しく作っていたのを思いだします。

    ケーキもパンも肉まんも美味しかった〜〜〜!

  • カレワラさま
    夕方のテレビでこの日の雲の話をしていましたから
    やはりめったに見られない傘雲だったんですね。

    あの頃は私たちもパワーがありました。
    今度は孫たちのために少しづつつめた引出を空けて
    お菓子作ってみたいです。
    カレワラさんもお孫さんたちが帰国したら
    子供たちの小さな頃を思い出しながら作ってみてね。
    お手伝いにも行きますよ。
    けれど本場フランス育ちの子たちに日本のフランス菓子の味が
    どうか、少し心配です。
    そしたら逆に教えてもらいましょう。