7月 9, 2015 - 未分類    7 Comments

あの日からずっと雨です

父の日のブログをUPしてから2週間以上経ってしまいました。

夫とは父の日のプレゼントのこのグラスで

6月22日、乾杯もしました。 IMG_4949_512

 

袴を畳んでいるこの写真は一昨年の12月7日

生涯、 最後と覚悟して行った稽古の後に私がそっと写しました。

娘と孫の3人で行ったこの稽古が残念ながら最後の稽古となりました。 IMG_5017_512

この後1年半稽古こそ出来ませんでしたが

前向きに随分沢山の事をして 過ごすことが出来ました。

余命宣告を受けましたが多くの方々に支えられての

貴重な2年間に感謝したいと思います。

亡くなる前日6月27日の夕方の事でしたが

夫が「庭を見たいな」と言ったのでリビングの椅子に腰かけて

孫のTちゃんと庭を眺めました。

Tちゃんが澄んだ声でグロリアを歌ってくれたので

聴き入って終わると拍手していました。

  Tちゃんのグロリアをお聴きください

歌い終わると空は今まで見たことがない不思議な夕焼けに 染まりました。

翌日夫は帰らぬ人となってしまいましたが

未だに現実として受け止められない気持ちでおります。

取り留めなく書いてしまいましたが

お世話になりました皆様に心より感謝の気持ちでいっぱいです。

本当に有難うございました。

終戦をお腹の中で迎えた夫が生まれてきたら

世の中を明るく照らすようにと

義父は「照夫」と命名したそうです。

あの日からずっと雨ですがそろそろまた照らして

もらいたいと思います。

 

 

7 Comments

  • 誠にご愁傷様でございます。
    余命宣告を受けての2年間、
    奥さまや、ご家族、お孫さんの愛に支えられ
    とても幸せに暮らされていたんですね。

    私は、大先輩の「男」として、お話を伺ってみたかったのですが
    叶わず、とても残念です。

    これからも、皆さんを温かく見守っていてくれるでしょう。

    ・・・Tちゃんのグロリア泣きました・・・

  • いつか 来るとは 思っていたが 今日明日とは (辞世)

    ありがとうございました。
    つたない私にも温かいお心とお言葉を賜りました。
    お幸せだったんですね。
    家族って本当にいいものですね。

  • あの日から本当にずっと雨でしたね
    なんと申し上げて良いか、逡巡します
    本当に大きな存在でした、ただただご冥福を祈ります

  • お体の疲れは大丈夫でしょうか。五月20日のオープンガーデンでのご主人の優しい心使いいつまでも忘れません。優しい思い出を作ってくださいました、
    有難うございました。改めて御冥福を祈ります。

  • 聖子さん、ブログのアップを癌張られましたね。
    改めてご主人のお名前に優しさと平和を感じます。
    どうぞ、ご自愛ください。

  • ブログのあなたの文章を読んでいると、亡きご主人に対する愛情と優しさが伝わってきます。私は最後にご主人にお会いしたのは6月17日でした。
    1年くらいお会いしていなかったので、久しぶりにお会いした時、痩せていらしたのにはびつくりしましたが、そんな中でも相変わらず、気を使ってくださっているのが、ご主人らしいと思いました。病院の近くの喫茶店でランチをご一緒できて、いろいろお話しをすることができたことは貴重なひとときでした。あの時からわずか10日あまりで、亡くなられてしまうなんて、今も信じられません。そんな状態の時にも笑顔をみせてくれたことを忘れることができません。そんな優しいご主人でしたから、どうか天国でS子さんをはじめご家族を見守って頂きたいと願います。そして、安らかに成仏してくださることを祈っています。ありがとうございました。

  • 静かに暖かな時間が流れているように見える2年でした。
    私達にはそう見えた2年間も、色々おありになったのでしょうね。
    力強さと暖かさを持って、素晴らしく生きられた方とシミジミ思いました。
    聖子さんの包むような暖かさがあってこそ迎えた静かな幕。ご苦労様でした。

    Tちゃんのグロリア、素晴らしかったです。
    天使が下りて来たのかもしれません