1月 25, 2015 - マイガーデン    2 Comments

我が家の御神木

23日にUPした水不足と診断されたサルスベリの10年ほど前の画像です

我が家の御神木と言われた事があります

このころは花の少ない夏に見事な花を咲かせていました

IMG_0016_512

IMG_0018_512

昨年はチラチラと咲いてあっと言う間に葉を落としました

そこで樹木医さんは水不足と診断しました。

樹皮はまだまだ元気ということですから

根にうまく水が回ってくれるよう10年前施工したモルタルに

穴をあけたというわけです。

 

43年前に植えたサルスベリは一年前に亡くなった父が

当時の植木屋さんにお願いしたものですが

「私は申年ですから思い切り大きなサルスベリを植えてください」

といったそうです。

当時の植木屋さんが昨年訪ねてくださりその事を初めて知りました。

この対策の成功を祈るばかりです。

 

2 Comments

  • 見事なサルスベリですね!

    私が生まれ育ったのは東京で、父の転勤を機に家を売ってしまい
    その後にアパートなどが建って、伐採されてしまったと思います。

    お父様の思いのこもった、掛け替えの無いサルスベリ
    御神木として、いつまでもご家族を見守ってくれるでしょうね(‘-^*)/

  • 切りたくなくても切らざるをえないことがありますよね。
    家や木が今はなくても家族とともに記憶の中に生きているのは
    嬉しい事だと思います。

    私たちも昨年植木屋さんから父の言葉を聞かなければ
    思いを知ることがなかったですね。
    御神木もそう思えばそうなるものかもしれません。