9月 29, 2014 - 日々のこと    2 Comments

花子とアンと私

花子とアン」が終わりましたね。

本が好きととても言えない私なのですが

三人の子育てに四苦八苦していた40年ほど昔

それまであまり興味のなかった「赤毛のアン」は

私の暮らしを輝かせてくれるバイブルでした。

続編まで全部で10巻、今は内容を忘れていることがほとんどですが

古くなってもなぜか手放せません。

ガーデニングもお菓子作りもパッチワークや子供服作り

皆アンと一緒にやっていたような気がしています。

子育てで外に出かけられなかった頃この本で想像を

膨らませていたのかもしれませんね。

IMG_0024_512

「花子とアン」の最後のフレーズ

もう一度読み返してみたくなります。

IMG_0014_800

この頃は近くの文字が読めないなんて

考えもしませんでした。

今よりはるかに文字の細かい文庫本。

これを読むには眼鏡を新調しなければならないかも・・・

きっと29歳の頃に求めた本です。

IMG_0029_512

その時は気がつかなくとも自分に影響を与えていた

人や本などあるのは嬉しいものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2 Comments

  • 最近流行り?の整理を頑張ってます。初めての給料で買った美術全集
    考えた挙句やはり本棚に座っています。
    手?がだいじょうぶですか。アップが久しいのであれっと思っていたところです。お大事になさってください。

  • 思えば赤毛のアンのシリーズに夢中だったころ
    aikoさんと知り合ったんですね。
    すぐに遠くに行かれてしまったけれど
    40年近いご縁が続くのは大切なものが
    似ていたからかもしれません。
    どうしてあんなに夢中になれることが色々あったのか
    不思議ですがその引出、時々出して見るのが楽しい年に
    なりました。
    そしてガーデニングに手は大切とヒシヒシ感じています。
    早く思い切り動かしたいです。