9月 10, 2014 - 日々のこと    月を見て はコメントを受け付けていません。

月を見て

昨夜十六夜の月を雲間から見ました。

長学寺のお上人様が亡くなられて10月で2年になりますが

9月のお稽古の日の月の話しを思い出します。

IMG_9765_512

お茶の先輩がお上人に「昨夜の月の呼び方は・・・」と聞かれました。

「居待月・・・」と言う言葉が返って来たので

風流をいつも感じながら過ごされているんだと

思ったものです。

今夜は立待月、そして居待月、寝待ち月と続くわけですが

月一つとっても日本は本当に楽しみが多いですね。

中秋の名月は本当は遅い年のほうが冴え冴えと見えて

良いのかもしれませんが

片見月にならないよう十三夜を忘れないように

したいと思います。

 

 

 

 

 

Comments are closed.