9月 5, 2014 - 日々のこと    2 Comments

誕生日の不思議

前にもお話しましたが実家の蓮「娃娃」が

新盆の仏様をお迎えした8月13日に咲いて

見送った16日に散りました。

9月3日は亡き父の誕生日そして祖母の命日です。

不思議なもので、もう今年は終いかと思っていた蓮鉢に

9月3日花を見つけた時はビックリしました。

実家の玄関に置いた、蓮華「娃娃」は特別な蓮になったようです。

 

3日の早朝、最初に気づき妹が撮った「娃娃」

IMG_9726_512

9時半ごろ私が出かけて行った時は大きく開いていました。

IMG_9724_512

蓮は開いてつぼんでを繰り返し4日目に散ります。

 

その日は大安だったので母と姪の赤ちゃんを見に行きました。

新しくなった産院はまるでホテルのようで

至れり尽くせりです。

ホールの壁にこんなお知らせが貼られていました。

IMG_9704_512

これが10000人目の赤ちゃんです。

 

IMG_9719_512

なかなか意味のある素敵な名前が付いていました。

泣くときは随分大きな声だそうですが

きっと元気に育ちますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2 Comments

  • 魂の不思議を感じます。極楽浄土からの御礼しか考えられませんね。
    心が癒されました。有難う

  • この蓮をくださった代通じ寺の奥様がブログを読んで
    中国では娃娃(あいあい)と言うのは可愛いい子供という
    意味があると教えてくださいました。
    12人目となった曾孫の誕生を祝っているようにも
    思います。
    一万人目の赤ちゃんのセレモニーの記事が
    昨日の富士ニュースに載りました。
    白い蓮。aiaiはの響きのように可愛いですよ、
    aikoさん。