9月 16, 2012 - アート, 記録集から    郷土の風景 はコメントを受け付けていません。

郷土の風景

15日から17日(月)まで富士交流プラザで

海野道明絵画展が開催されています。

今回は10年ほど前から描きためた郷土の油彩画の個展です。

私とは同い年の従兄妹ですから50年近い昔の高校時代から

描いていた絵の記憶があります。

郷土の山や川は変わりませんが

10年の間には随分風景は変わっています。

これは高原からの50号の大作です。

全部で20点以上あったでしょうか。

海と山と川があって富士市は良いところと

あらためて感じました。

 

 

 

 

もう45年ほど昔の話になりますが

従兄妹と当時、美大生だった私の兄は従兄妹の家の庭に

手造りのアトリエを建てました。

これは当時週刊読売に掲載された記事ですが

兄の記録集から懐かしく見返しました。

昔々のことで材料費は13万円と書いてあります。

二人とも屋根の上で気分良さそうですね。

記録集では155頁に収めています。

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.